×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


君には全てのコントローラを理解できる愛があるか

コメント  











※画像の上にカーソルを置くと、写真とコメントが表示されます。
※クリックするとさらに拡大した写真を見ることができます。
※戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ったほうが効率的ですよ。
名称 ホリコマンダーα
ホリコマンダーα(アルファ)はホリコマ兄弟の三男坊だ!
これは89年夏ごろ発売されたホリコマンダーの新しい仲間である。 一見するとホリコマンダーブラックとそっくりだが、その見分け方は2つ。 まずはボタンの色。ブラックがオレンジに対してアルファは赤なのだ。 (ボディは薄い黒)そして次は「α」という文字が書いてあるかどうかである。
しかし、本当の違いはそんな表面的なことではなく、内部にあった! 兄貴たちに比べて機能性がアップしているのである。
連射スピードを切り替える機能は、ホリコマは4段階だったのに対し、 これは3段階と減ってしまったが、そのかわり(じゃないけど) 画面をスローモーションさせるコマ送り機能というものが付いた。 (単にスタートボタンを連打させるだけ) そして最大の特徴はプッシュトーン機能である。
写真の「α」という文字のところを見てもらいたい。その横にスピーカーのようなマークが 描かれていることがわかるだろう。何を隠そう、その下には小さなスピーカーが埋め込まれているのだ。 そこから鳴り出すのはBGMではない。なんと、ボタンを押すと、ゲームにまったく関係なく 電子音が鳴るのである! その音が悲しいくらいしょぼいのだ!
まるで親鳥にエサをねだるヒナのごとく「ぴよ」と聞こえる。 したがって、ずっとボタンを押してると「ぴよぴよぴよ・・・」となる。それがどうした。
定価1980円と値段もお手ごろになり、文字通り鳴り物入りで登場したが、あまり売れなかったようだ。 そのため、普通のホリコマやブラックよりも数は圧倒的に少なく、完品も極希少である。
分析表
操作性
機能性
デザイン
オリジナリティ
耐久力
総合ポイント 16.0
更新2006/5/8
Home

地獄入口へ戻る

総合ランキング

次へ行く