×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


君には全てのコントローラを理解できる愛があるか

コメント  





※画像の上にカーソルを置くと、写真とコメントが表示されます。
※クリックするとさらに拡大した写真を見ることができます。
※戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ったほうが効率的ですよ。
名称 アスキースティックL5
世界初のローリングアジャスト構造によりプレイヤーの手にジャストフィットするグリップ。 トリガーA・Bに採用されたタクトスイッチによる確かなクリック感。 パッケージにはそう書かれてあった。このコントローラはRPG専用に開発されたもので、 縦に握り、上部前方に十字キーとセレクト、スタートボタン、後方にABボタンが配置してあり、 それぞれ人差し指と中指で操作する。実際RPGで使用してみると、慣れるまでが大変だった。 しかし慣れてもあまりしっくり来なかった。僕の手が大きいからなのか(太ってるわけじゃないが、相撲取りくらいあるのだ) ボタンの位置をもう少し改良する必要があると思われる。しかし今さら誰が改良してくれようか。
そもそもRPG専用コントローラがなぜ片手使用なのかがわからない。 もう片方の手は何をしていればいいのだろうか。フィールドを歩くと同時に地図を描くとか、メモをするとか? その必要性に合点が行かないのだ。そんな心理作用があったのかどうかは知らないが、 そんなことより、このコントローラで無理矢理アクションゲームなどをするほうがずっと面白いぞ! なんか筋トレしてるような気分になるけどネ。
ファミコン氷河期(1994年〜1999年くらい)まではゴミのように積まれ、 タダ同然で売られていた。(僕は90円で買った) 最近でもよく見かけるが、そこまでは安くないようだ。
分析表
操作性
機能性
デザイン
オリジナリティ
耐久力
総合ポイント 13.0
更新2006/2/6
Home

地獄入口へ戻る

総合ランキング

次へ行く