×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


RFもの

ゲームセレクタ
コナミ/1991/4/12


ゲームセレクターじゃなくてゲームセレクタ
(最後伸ばさない)なんだなあ・・・


これがうわさのRF端子の接続部である
これがついてるゲームセレクタはなかなか
存在しないのだ
 これはファミコン周辺機器ではなく、普通のゲームセレクターなんじゃないかという意見もあるが、 (色もファミコンカラーじゃないし)僕がこいつをここで紹介するにはやはり訳があるのである。
 とりあえず紹介させてもらうと、こいつは4種類のゲーム機をワンタッチで切り替えることのできるゲームセレクターである。 つまり極端な話、ファミコン、NEWファミコン、ツインファミコン、スーパーファミコンと テレビを同時につなげることができるのである。
 しかし重要なのはファミコンがつながるという点である。 もうさんざん説明してきたとおり旧ファミコンはRF接続というややこしい方法でつなげる必要がある。 当サイトの質問コーナーにもその手の質問はわんさか来る。(最近はさすがに減った) しかしあったのだ。ファミコンのRF出力を簡単にAV端子接続に変換できる周辺機器が。
 それがこのコナミのゲームセレクタなのである。 こいつにはなんとRFケーブルの差込口がついているのだ。 そこにファミコンをつなぎ、こいつとテレビをAVケーブルでつなげば旧ファミコンAV接続の出来上がりである。 しかも旧、NEW、スーパー、ファミコンは電源を共有できるので、その3台だけつなぐ場合なら電源が1個で済むという話だ。 なんとエコロジーな奴だろうか。 これがコナミから出ているという点も見逃せないところである。

TVジャック
日本ダイレクト


これさえあればゲーム機を持ってどこへでも行けるらしい
が、テレビのある場所からは離れられないわけで・・・
 RF・接続関係の周辺機器はなにもHORIの専売特許ではない。今回紹介するこいつもそうだし、 シュールドウェーブ(ファミコンでは「ココロン」というアクションゲームを出していたタケルというメーカーの別名) や、ジョイボールやメタルスレーダーグローリーで有名なHAL研究所なんかもちょっとしたものを出していたようだ。 (詳しくはファミコンのつなぎ方(oroti@wiki)を参照してね)
 しかしこのTVジャックなるアイテムはかなりレアである。そもそも日本ダイレクトなんていうメーカーなど 聞いたことがないという方が多いのではないだろうか。ファミコンでソフトを出してるわけでもないし、 有名な電気メーカーでもないから無理もない。そういう僕もよく知らないのだ。
 FFマークがついてないので正式なファミコングッズとは言えないのかもしれないが、本体のカラーリングなんか 思いっきりファミコンを意識してると思わないか?

RFモジュレータ
任天堂/1993


写真には写さなかったけど箱の側面にはオレンジ色の
配色がデザインされていてNEWファミパケとの統一性を
うかがい知ることができるぞ・・・
 これは数少ないニューファミコン専用の周辺機器の1つである。(というか、あと専用の周辺機器といえば NEWホリコマンダーくらいしかないわけだが)別名をAVファミコンというように ニューファミコンはAV端子接続なんだけど、このアイテムはそれをわざわざRF接続に変換してくれるという時代錯誤な野郎なのだ。
 ニューファミコンの登場はけっこう突然だったが、それを手に入れたファミコン少年たちに、 (わざわざ別売りのこいつを買ってまで)ややこしいRF接続をそのまま継続する理由はなかったので、 このアイテムはほとんど誰にも相手にされず、忘れ去られていったのである。
 誰も、テレビの裏に手を突っ込んでホコリまみれになったり、 やたら重いブラウン管テレビを動かしたり、 クモの死体が転がってたりするのを見たくなかったのである。
 これもまた意外と小さいぞ。  

ツインファミコン用RFコンバーター
シャープ?
  こちらはさきほど紹介させてもらったRFモジュレータのツインファミコン版ともいうべきものである。 ご存知ツインファミコンもまたAV出力だったので、それをRF出力に変換するものだった。
 まあそう言っても、テレビの中にはAV出力端子を装備してないものもあったんだろうね。 そうとう型の古いテレビだよ。もちろんチャンネルはガチャガチャ回すやつで、枠は木製で、足が4本出てて、 ブラウン管の前にカーテンが付いてるような(どんだけ古いんだ)
 そうなるとせっかく買ったツインファミコンも宝の持ち腐れだもんね。そう思うとこいつの需要もあったのかな。 (情報によるとシャープのX1という古いコンピュータにも使用できたらしい) 現在の市場では、滅多に出回らないものであるが、これっぽっちも人気がない、というか誰も知らないような、超マイナーなアイテムだ。

←戻る

ザ☆周辺機器ズ

進む→