×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

home 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 data
ドラゴンズレア
クソゲーといったらこれしかない!僕のクソゲー人生を全て賭けて断言しよう! とにかく不気味なアクションゲームなのだ。もう、箱からカセットを出した時点で不気味なのだ。
いざゲームを始めると、キャラクターの妙なデカさに思わずひく。 そしてキャラクターを動かすと、そのギコチなさに顔面が青ざめる。 しゃがむ動作、ジャンプする動作、ナイフを投げる動作、何をとっても不気味なのだ。 その次に君を待っているのはクソゲーの王道パターン 即死である。
当然、 その「死にっぷり」もクソゲーの名に恥じない。 ファミコン死にっぷりグランプリを開催したら、必ずTOP5には入るだろう。 主人公はガイコツになって死ぬのだ。まあ、これは魔界村など他のゲームでも良く見られる往生シーンなのだが、 このゲームは罠が多いので突然、ガイコツになって死んでしまったりする。 道を歩いているサラリーマンが突然、ガイコツになったら驚くでしょう?それと同じである。 しかし、さらに驚くべきは上下する杭に当たってしまった時に限って、なぜか ナメクジになって死んでしまうところだ。 道を歩いているサラリーマンが突然、ナメクジになったら驚くでしょう?それと同じである。 まったく、どんな因果があってナメクジ経由なのか。 そのあまりにも意味不明な光景に無条件降伏をするしかないのである。
しかもこのゲーム、キャラがデカい、動きがギコチない上に難易度が激高で、 タイミングも当たり判定も超シビア。何度もガイコツに、あるいはナメクジになって、 罠の位置を憶えて進んで行くしかない。それはもうゲームというより学習である。
「ソラゴンズレア」は 神がファミコン少年にあたえた試練なのかもしれない・・・
(EPICソニー/90年)
4.5 5.5 5.0 3.0 5.0 22.0

ボールブレイザー
ルーカス・フィルムという、たいそうな会社が作ったサッカーとエアーホッケーを足して2で割ったようなゲームで 見下ろし型ではなく、3Dのように奥行きある画面であるが、それが見事にあだとなっている。 いざゲームを始めると画面が見にくくて仕方がないからである。 3D視点のスポーツゲームなどプレステにも無いのに、ファミコンでできるはずがなかったのだ。
ワケが分からないうちに1点取ってたり取られたりで非常につまらない。 自分が何をやっているのか分からなくなるどころか、 何か大切なことを忘れたまま、大人になってしまったような気さえするのである。 (言い過ぎ)
クソゲーには、誰がどんな気持ちで作ったのか、なぜ作らなければならなかったのか、 という疑問を真剣にぶつけてみたくなるようなモノが多いが、 そんなものはクソゲーと言うよりもクソである。 かといって「ボールブレイザー」を毎朝の日課にはしたくない。
(ポニーキャニオン/88年)
1.5 0.5 0.5 1.5 1.0 5.0

升添要一
朝までファミコン
古くは“たけしの挑戦状”に代表されるタレントモノの類だが、意味がわからないものが多すぎる。 少なくとも「舛添要一の朝までファミコン」と聞いて「よし、買った」なんて言う人はいないだろう。 「朝までファミコン」とは当然「朝まで生テレビ」をもじったモノであろう。
ゲームを始めたら何の事はない、ただのアドベンチャーゲームだ。 企業モノのサクセスストーリで、舛添要一は主人公のお助け役として登場する。 途中でなぜかストーリーに関係なく経済関係のクイズが出題される。 そんな経済関係のクイズに正解してる暇があったら 自分の経済関係の問題も解決したいものだ。
光GENJI、中山美穂、立花理沙(アイドル)、ラサール石井、所ジョージ、明石家さんま、田代まさし、 伊崎脩五郎(競馬)、谷川浩司(将棋)、江本孟紀(野球)、ジャンボ尾崎(ゴルフ)、松本亨(経済) 井出洋介(麻雀)などファミコンゲームを出した有名人は非常に多い。
(ココナッツジャパン/92年)
2.0 3.0 2.5 2.5 3.5 13.5

カケフ君の
ジャンプ天国
カケフ君とは当時、所ジョージのテレビ番組によく出ていた子役タレントのことで、 野球選手の掛布に似ていたところから、カケフ君と呼ばれるようになったらしい。
このゲーム、クソゲーとは言ったが、サブタイトルの“スピード地獄”の通り、 非常にスピード感があって面白い。コツをつかむとスピードをどんどんと上げることができ、 その分、ステージもそのスピードに応えてくれるので、正直言ってハマる恐れがある。
例えば「エキサイトバイク」でエディット機能で、ジャンプ台がたくさんある面を作って、その面をやったとする。 そして、いわゆるターボ状態になった時、ジャンプの飛距離とジャンプ台の間隔が合わなくなってしまって、 思いっきり障害物にあたってズッコケたという経験は無いだろうか。
「カケフくんのジャンプ天国」は、そんな状態にもちゃんと応えてくれるのだ。 「じゃあ、なぜクソゲーなどと言うのか」と思われるかもしれない。 それはカケフくんという時代の寵児(生もの)を題材にしてしまったところにある。 当時でもあまりセンスのいい人選とは言えなかった。 その安易な企画力が、このゲームをクソゲーたらしめているのである。
(ビック東海/88年)
3.5 3.5 4.0 3.0 4.0 18.0

ヴォルガードU
君はファミコンに 死なないシューティングゲームがあったことを知ってるか!
それこそ、この「ヴォルガードU」なのである。 死なないシューティングって聞くとオカシイと思うかもしれないけど、ホントに死なないのだ。 弾に当たっても、敵に当たっても死んでくれないのだ。そんなゲームがあったら 誰だってクリアできるじゃないかと思うかもしれない。
実は正確に言うと 耐久力がありまくるだけなのである。 そして敵に当たれば当たるほど弾が撃てるようになるという設定なのだ。 リサイクルでもしていたのだろうか。
しかも1機ミスしたらゲームオーバーになってしまう。 ゲームなんだから勘弁してほしい。
(ヒデービーソフト/85年)
4.5 3.0 4.0 3.5 3.5 18.5
home 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 data

たった一人のファミコン少年